■Civilization 6: Gathering Storm

20190308_01.jpgCivilization 6の拡張パックDLC第2弾「Gathering Storm」をGMGで予約購入して現在プレイ中です。

GS導入前は無印本体+オーストラリアDLC+Rise & Fallという中途半端な環境でしたが、秋だか冬だかのセールで本体をデラックスエディションに”買い直して”全部入り環境になりました。
個別にDLCを揃えるのとDEを買うのではたった数十円しか違いがなかったので…。

20190308_02.jpg私のDLCへの興味は世界遺産・自然遺産、新しい国や指導者の追加とか新しい改善施設やらシステム周りのアップデートとかそれくらい。
自然災害はあまり興味なくて無効化MODとか出てきたら迷うことなく入れると思います(;^ω^) せっかくおっ建てた区域や改善が吹き飛ぶし正直ウザすぎる。発生頻度を0にしても無くなるわけではないので…。

温暖化や電力システムの概念は割りと良いと思いますが、必要な建造物・改善施設やプロジェクトのアンロックが遅いと思います。例えば工場をフル稼働させるには電力が2必要になるのに、その時点では発電する方法がまだ無かったり(都市国家に港区域があると電力を自動で供給するってやつが一応あるにはある)。
温暖化・海面上昇も硝石を使うユニットの時代から始まるので、防潮堤(だっけ)の建設やCO2回収プロジェクトを始められる頃には既に手遅れってことがしょっちゅう。

んで、その根本的な解決策として都市スパム・科学先行でAIをぶち抜いて、さっさと自分だけ必要な対策を急ぐという流れに。温暖化に関わる軍事ユニットもあまり(必要以上に)作らない。

20190308_03.jpg 20190308_04.jpg 20190308_05.jpg

宗教は相変わらずさほど興味ないですが、内政厨としては文化力や食料を増やしてくれるのは重宝するので一応創始するようにはしてます。RFあたりからAIが積極的に宗教を取りに行くって傾向は穏やかになったので、割りと簡単に取れますね。宗教勝利は基本オフだし、積極的に布教して回るのも面倒なのでロックバンドも興味本位で少し使ってみた程度です。

20190308_06.jpg新しい区域の”運河”はそんなに作ることはありませんが、重宝する場面はちょこちょこありますね。特にフラクタルマップとかで遊ぶとここが通れたら楽なのにって状況が発生しやすいと思います。

新しい世界遺産ではマチュピチュ、サンコーレ大学、オーサカーツの3つが見た目も効果もおいしくて良いと思います。
ゴールデンゲートブリッジは完成すると実際に地続きとなり、陸上ユニットが橋を通って移動することができます。

情報時代以降でアンロックされる太陽光発電施設(砂漠タイルが有効活用できる)、洋上風力発電施設(沿岸タイルが活用できる)の2つは個人的にお気に入りです。砂漠タイルの使い道がない国家・指導者だと特にありがたいですね。

20190308_07.jpg 20190308_08.jpg 20190308_09.jpg

新しい国家・指導者としてはスウェーデンが文化面で強力ですね。芸術品が自動でテーマ化されるし、文化力+8とかいう化け物固有施設もあるし。

内政と欲しい世界遺産の建設をせっせと勤しんでると文化力と観光が伸びまくるので、他の勝利方法を取るのが案外難しいです(難易度王子のゆるゆるプレイ)。GS発売以降は久しぶりにがっつりプレイしてますが、まだ外交勝利はした事がないです。
私はAIと競い合うというより、生成されたマップで”いかに理想的な帝国を築き上げていくか”という過程が大好きでプレイしてます。なので、AIが邪魔してこなければ内政に籠れるし、戦争を吹っ掛けてくるならぶっ潰して空いたスペースに新しい都市を出してまたせっせと内政…という感じですね。

2018/03/10 追記
書き忘れてましたが、新しく追加された改善施設ではダムも結構お気に入りです。ビジュアル的にも好きですし、後々アップグレードすると水力発電ダムになるのも良い。鬱陶しい自然災害の中でも水害だけはダムを造れば予防できます(稀に被害が発生するようですが今のところ経験なし)。
 

■ETS2/ATS ゲームアップデート1.34

「Euro Truck Simulator 2」及び「American Truck Simulator」がともにゲームバージョン1.34にアップデートされました。今回のアップデートは不具合の修正や小規模改善を主にしたマイナーアップデートという意味合いが大きいようですが、それでも特筆すべき点はいくつかあります。

20190209_01.jpgETS2では新車種としてMAN TGX Euro6が実装されました。
最近に流れに従い、3軸シャーシにも予めサイドスカートが用意されており、8x4シャーシも選択可能です。

旧TGXと同じく広いフロントウィンドウは視界良好ですし、エンジンやトランスミッションも豊富にラインナップされていて、あらゆるニーズに対応可能という感じですね。

強いて言えばサンバイザーが1種類だけなのと、フロントアンダーミラーにカラーバージョンが用意されてないのが不満でしょうかね。トラックブラウザでざっと見ただけなので、運転の感触や音などは不明です。


20190209_02.jpgATSではログトレーラーが所有可能なトレーラーとして追加されました。
カスタマイズはバルクヘッドが2種類と、あとはマーカーやタイヤ・ホイールなど基本的な部分のみ。シャーシは1種類のみで、車軸のレイアウトは2軸、2軸スプレッド、3軸から選べます。

仕事がかなり限定されるので、個人的には割りとどうでもいいかなぁと思います(;^ω^)

他にはネバダ州のトノパー付近がリニューアルされ走りやすくなった感じがします。また、ネバダ州のウィネマッカからオレゴン州のレイクビューへ通じるハイウェイ140号線が新設され、オレゴン州へのアクセスがかなり良くなりました。

20190209_03.jpg 20190209_04.jpg 20190209_05.jpg

ETS2/ATSともにクリスマスイベント以来の起動となりました。まだ農業が忙しいので当分お休みですなぁ…。もうすぐCiv6 Gathering Stormも来ちゃうし。
 

■Farming Simulator 19、Spintires: MudRunner

20190126_01.jpgFarming Simulator 19」をFanatical(旧Bundle Stars)で予約購入し、ちょこちょことプレイ中です。

FSシリーズは13と15を買って遊んでましたが、17はスルーしたんですよね。15の時点で林業や酪農もあったと思いますが、木の物理やら当たり判定やらがダメダメで興ざめだったのを覚えてます。
19では扱える作物に綿が追加され、酪農には馬が追加、林業も正常進化されてるようです。

初めはデフォマップのラベンポート(アメリカマップ)とフェルスブラン(ヨーロッパマップ)を少しずつ試してましたが、畑が傾斜だらけだったり異形で扱いにくかったり、お飾りのオブジェクトが撤去しにくかったりで、どちらもあまり好きにはなれませんでした。
それで、ModHub(公式のゲーム内MODサイト)で配布されてるマップMODのエスタンシア・ラパチョ(FS17PEで追加された南アメリカマップを再現したもの)を試してみたら良い感じだったので、これでプレイする事にしました(赤土なのがあまり好きではないですが、まあ許容範囲内)。

20190126_02.jpg 20190126_03.jpg 20190126_04.jpg

ゲームプレイでは相変わらず真っ直ぐ走れないので、収穫以外の作業(耕うん、種まき、肥料散布)はヘルパーAIに丸投げしてます。ゲーム難易度・経済難易度はイージーで、収穫量が低下するすき込みと雑草はオフ、石灰撒きのみオンで遊んでます。
バイトミッションはたまに気が向いたらやりますが、報酬があまりおいしくないので進んでやろうとは思わないですね。

20190126_05.jpg今はまだ農業をコツコツと進めてるところですが、ある程度のお金が貯まったら酪農にも手を出してみたいと思ってます(馬、牛、羊あたり)。
資金稼ぎは作物の売却がメインです。で、ちょっと卑怯ですが収穫可能な作物のある土地を購入、収穫して作物と土地を売却し差益で儲けるという手法で貯めまくってます。土地の価格は購入も売却も同じなのがミソですね。この手法はその内にアップデートで潰されるかもしれませんが。

農業で欲しい機材はある程度揃ってきましたが、まだサトウキビは経験したことがないので、いつか挑戦してみたいと思ってます。テンサイとジャガイモで必要になる大型マシンも買いたいですなぁ。
13と15では無かったと思いますが、19にはゲーム内ラジオが用意されてるので、マシンに乗ってる間は流れるようにしてます。お陰で単調な作業でも眠くならずにプレイ出来てるかもしれません。

20190126_06.jpg 20190126_07.jpg 20190126_08.jpg

南アメリカマップのエスタンシア・ラパチョは割りと気に入ってますが、それでも遊んでる内に不満点や弄りたい部分が出てきたので、GiantsEditorで自分好みに弄りました。ゲームアップデート1.2でランドスケープツールが実装されましたが、これだけではまだ十分ではないですね。邪魔な木を切ったり、草を生やしたりは機材を使って自分でやらないといけないので、非常に面倒くさい。なのでGEで直接弄った方が早い。
興味ある人は皮置き場から入手できます。ちなみに、このマップで数時間プレイしてるとAIカーが自然と団子状態になってしまうのは仕方ないようです(原因はおそらく踏切による停車)。



FS19の発売日を迎えてFanaticalから受け取ったキー(公式キー)を使おうとしたところ、なぜか通らないので問い合わせたところ何か不具合があったようです。その時に、可能であればSteamキーに変えてくれとお願いしてみたら、なんと要望を聞いてくれました。同じ不具合を抱えてる他のユーザーもSteamキーにして欲しいという意見が多かったようです。翌日に新しいキー(Steamキー)を受け取りこの問題は無事に解決しました。

20190126_10.jpgで、数日後に上記不具合と発売日にFS19をプレイできなかった(ほぼ丸一日待たされた)お詫びとして「Spintires: MudRunner」をタダで頂きました。

このゲーム(前作含む)は興味はあったものの、購入するまでには至らなかったタイトルです。思わぬ経緯で転がり込んできたので、せっかくだし少しプレイしました。

今のところ4個目あたりのマップまで進めてます。主目標だけクリアするなら割りとサクサクいけるんでしょうが、サブ目標も併せてクリアを狙うと結構時間が掛かりますね。
乗用車タイプの四駆で探索やエリアのアンロック、大型トラック・トレーラでガレージの開放やら木材の運搬やら。ほとんどが非舗装路でぬかるんだ場所ばかりなので、ろくに進めずウインチも大活躍なゲームです。初めはオートマでプレイしてましたが、マニュアルで低速ギアを使って意識してトラクションを掛けないとなかなか進んでくれません。このゲームの売りであるリアルな物理動作や泥の表現も嫌というほど堪能できます。

20190126_11.jpg 20190126_12.jpg 20190126_13.jpg

ETS2/ATSの舗装路に飽きた時にでもふらっと息抜きに?プレイすると良いかもしれません。
 

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

pete379jp

Author: pete379jp
18輪皮置き場の雑記ブログです。本サイトでは取り扱わない話題や補助的な話題・説明など。
尚、投稿は不定期です。

Purchase on Steam



最近の記事+コメント

最新トラックバック

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索