■ETS2パッチ1.11.1、Dishonored

Euro Truck Simulator 2」の修正パッチ1.11.1がリリースされました。Steam版は前日から公開されてました。

今回も修正・改善箇所が盛りだくさんですね。目玉はやはり新都市の追加ですかね(イタリアのヴェネツィア、オーストリアのグラーツとクラーゲンフルト)。ヨーロッパの地理が全然頭に入らないので、自分がゲーム内でどの国に居るのか分からなくなる事があります。
今は修正パッチをダウンロードしてる最中で、まだゲームは試してませんので何とも言えません。



セールで購入した「Dishonored(GOTY版)」を一通り(納得いくまで)遊びつくしました。結局、途中でやり直し等も入れると5周くらい遊んだでしょうか。面白かったし久しぶりに嵌ったアクションゲームでしたね。ストーリーも良かったと思います。日本語化は有志による物がありますが、DLCの会話部分は英語のまま(DLC03はUIもすべて英語)でしたが、ストーリーは大雑把には把握できました。
初プレイ時は何も考えずに展開に任せるまま進めたので自然と?ハイカオスルートで。2周目は不殺を意識してローカオスルートで。お腹いっぱいになったので他のゲームで遊んだりして何日か空けて、DLCは英語のままだけどやってみるかなぁと思ってハイ・ローそれぞれプレイ(DLC01はチャレンジ・トライアル系なので無視)。

で、今回の(今週始めた)本編プレイではローカオスで実績の「Ghost」「Shadow」「Clean Hands」が取りたいと思って頑張りました(誰も殺さず、誰にも気づかれず・見られずに最後まで通しでプレイ)。文字通りプロローグの女王暗殺シーン以外はメインターゲットも含めて誰も殺してはいけません。もう既に不殺プレイには慣れていたので、ゲームプレイ自体には特に意識するところはなかったですけど、気絶させた敵の扱いにだけは気を付けました。私は死んだ敵しかネズミに食われないと思ってたんですが、ネットで調べると気絶させた敵も床や地面に放置してると食われるそうなので、基本的に敵はなるべくスルーするようにして、邪魔な敵だけ気絶させて箱やテーブル・ベッドに載せてやるという風にしました。

20140730_01.jpg↑の実績3つについてまとめると、不殺と誰にも気づかれない(見られない)の2点だけ抑えておけばOKで、気絶させた敵を発見されるのは問題なしでした。

能力はダークビジョンとブリンクがあれば十分で、ポゼッション・ベンドタイム・アジリティもあればプレイが楽になるという感じです(ルーンやボーンチャームは無理に取りに行く必要なし)。

見つかったらロードしてやり直しの繰り返しなので、こまめなセーブは必須です。このゲームでは事故(敵を気絶させたはずなのに実は死んでた)もあり得るので、各章の冒頭毎にセーブを分けておくと最後で実績が取れなかった時の保険に一応なります。

ネタバレ回避”エミリー王女がコルヴォの実子みたいな描写が一部でありましたが、ぼかされてて明確にはなってないですね。女王の手紙からもコルヴォが相当信頼されてたのは分かりますが。女王の旦那の描写が一切出てこないのもあって(男としては)夢が膨らみますね。エミリー自身はぶっちゃけ可愛くないけど…。
非致死の時にボイル夫人をお持ち帰りしたあの男は一体どんなことを企んでるのだろうかと妄想してしまいますね。


20140730_02.jpg 20140730_03.jpg 20140730_04.jpg
20140730_05.jpg 20140730_06.jpg 20140730_07.jpg
 

■コメント

■コメントの投稿
※コメント欄以外の項目は任意です


管理者にだけ表示を許可する / Only to allow the display to the admin

 

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

pete379jp

Author: pete379jp
18輪皮置き場の雑記ブログです。本サイトでは取り扱わない話題や補助的な話題・説明など。
尚、投稿は不定期です。

Purchase on Steam



最近の記事+コメント

最新トラックバック

プチ月別アーカイブ

ブログ内検索