■広告回避用 201608

FC2ブログの自動挿入広告を回避するための意味のない記事です。

20160817_01.jpg「American Truck Simulator」はArizona DLCのSteamファミリーシェアリングの問題がまだ解決してないのでまったくプレイしてません。
何週間か前に無性にプレイしたくなってサブ垢であるpete379jp垢(ATS所有アカウント)に切り替えて少し遊んでましたが。

メイン垢用にお布施がてらにATSを買い直しても良いんですけど、何か気分的に嫌というか納得できないので。

次のETS2/ATSのアップデートは何気に楽しみですなぁ。標識とかは文字が小さくて読めなかったり、バイザーが邪魔で見えなかったりするし。
 

■Windows10に乗り換え

20160717_01.jpgWindows7/8.1からの無料アップグレードの期限がいよいよ今月末(29日)までに迫る中、私はアップグレードをどうしようか迷ってました。

私のは自作機なので、パーツ交換時のライセンス認証でトラブルになったら困るなぁとも思ってて、アップグレード組だとパーツを一つでも交換するとライセンス認証が外れてしまうみたいな話も聞いてたので、Windows7のままで良いかなぁと思いつつありました。

ところが、次の大型アップデート版とでも言えばいいのかInsider Preview Build 14371(参考記事)の話題を知って気が変わって”良し、乗り換えよう!”との結論に至りました。

Windows7環境からのアップグレードだと99%から進まないなんていうトラブルも目にしてたので、GenuineTicket.xmlを用いたクリーンインストール法を行いました。事前にCドライブにある各種個人ファイル(C:\Users\ユーザー名\AppData\以下のアプリの設定やメールログとかゲームのセーブ)やドキュメントフォルダ内のファイルたちをバックアップしといてね。
クリーンインストールにあたって、事前にWindows10メディアを作成・用意しておく必要がありますが、私は部屋に転がってた4GBのUSBメモリに保存してインストールしました。インストール自体はめちゃくちゃ速かったですね。CドライブのフォーマットからOSが起動してアカウント関係のセットアップを始めるまで10~15分程度しか掛からなかったです。

Windows10で使用するアカウントは↑のリンク先記事にもある通りで、Microsoftアカウントを使っておいた方が良いだろうという事で昔作っておいたアカウント(***@live.jp)をそのまま再利用してます。MS系のメールアドレスは基本的に昔からまったく使わないので放置してたやつです。これでライセンス認証も何とかなるかなぁと思います。

グラフィックドライバ(GeForce Experience)だけは自分で入れましたが、その他のチップセットやオーディオドライバは自動で入れてくれたのをそのまま使ってます。あらかじめダウンロードしておいたのがありますが、使わなくても良さそうです。

20160717_02.jpgWindows10の使い心地はUIの薄っぺらい感じとか各種設定が見つけにくいとかはありますが、総じて”普通”または”思ったよりも違和感を感じない”って感じです。

ブラウザはFirefox、メーラーはWindows Live メール、音楽再生はWinampと前から愛用してるソフトを引き続き使用してるので、普段の作業をする限りではOSが変わった感じは全くありませんね。

(書いてる内に日付が変わってしまいましたが、)17日お昼頃にOSをインストールして今日一日普段通りの使い方をした限りでは、あまり不便なところもなく割りと好印象です。しばらく使ってるといろいろと不満点も出てくるのでしょうけど…。

動画再生ソフトやら他のアプリケーションは使う機会があった時に追々やっていきます。現時点ではゲームの起動確認もまったくしてませんが、とりあえずSteamクライアントは再インストールすることもなくそのまま使えました(私はDドライブにインストールしてます)。長年愛用してきたフリーソフトのTClock(改造版)はこれを機に卒業の予定です。タスクバーに日付もちゃんとあるし。

あと、Windows7で利用してたRAMDiskですが、前回に続いてDataram製のソフトを使おうと思ってインストールしたら最大で1GBまでに制限されてたので止めました。古いバージョンでは4GBまでOKだったのに…。RAMDisk自体の利用をもう止めようと思ってます。暇なときにお掃除ソフトも使ってるしCドライブはSSDだし無くても良いかなぁと思いました。

後日、暇な時にでもXbox Liveの「Forza Motorsport 6: Apex」を遊んでみようかなと思います。Windows10でしか遊べないし無料だし。

追記
ちなみに、Cドライブ(128GB SSD)の使用具合(空き容量)ですが、Windows7の時は最終的に2/3以上使ってました。WindowsUpdateの修正ファイルやら長年の使用で蓄積した不要ファイルの断片だとかもあるし。今はWindows10をクリーンインストール+普段愛用してるソフトウェアを少々入れた状態で30GB弱くらい。空き容量は半分以上たっぷりあります。
Win7時代も気を使ってましたが、あまり余計なものまでCドライブに入れないようにしたいですなぁ。あと、RAMDiskの使用を止めたのでキャッシュファイルなんかのこまめなお掃除とか。
 

■ETS2 Mighty Griffin Tuning Pack

Euro Truck Simulator 2の新DLC「Mighty Griffin Tuning Pack」がリリースされました。
スカニアRとスカニア・ストリームラインの2車種に特化したアクセサリーDLCです。バニラ(ゲーム無印)のアクセサリーだけでは物足りないという人に超おすすめします。好評なら(あるいはトラックメーカーが許せば)ほかの車種にも同様のDLCがリリースされる可能性はありますね。

20160702_01.jpg早速、購入して試してみました。
左は改造前の状態で、姿はほぼバニラのままで自作MODの煙突マフラーを付けてます。右がDLCのアクセサリーを使って改造した後です。
さすが公式だけあってアクセサリーの種類もたくさん収録されててよく出来てます。煙突マフラーも私が適当に作った物よりもハイクオリティですね。

20160702_02.jpgしいて不満があるとすればフレームカバーとリアテールランプ周りの種類が少ない。フレームカバーはボディ同色のもあれば良かったし、画像のテールランプ部分のクロームパーツも同色だと私も好みにピッタリだったんですが。

あと、自分でMODで付け足すとすれば、このDLCにあわせてストリームラインのグリルガーニッシュをスカニアRに単品で付けられるようにしたいかな。

私はこの手のカスタマイズパーツはMODに頼らずとも公式で対応してくれるなら”どんどんやってくれ!”という考え方なので、このDLCは大歓迎です。他の車種にも出してくれると良いんですがねぇ。

このDLCのお陰でSCS公式で各部にアクセサリーピンが追加されたので、MODパーツの作成・追加もより捗るようになります。例えばフロントグリルのLEDライトを取り付けるポイントとか、リアバンパー(テールランプ)周りのパーツなんかはMOD作者がそれぞれに独自にアクセサリーピンを追加して対応するパターンが多いかと思いますが、SCSが公式でアクセサリーピンを追加した事で、MODの互換性をより高める事ができるようになります。
簡単に言うと「AというパーツはBというMODを入れないと使えない」みたいなのを減らせるという事です。


このDLCのお陰で、私が作って使ってたModified Scania MODはほぼ要らなくなりました。フロントグリルの同色パーツもDLCに入ってるしグリフィンのサイドマークもあるし。皮置き場のトップページでお知らせしてる通り、ETS2のMOD更新は休止中です。このDLCによって新たに競合とか互換性の問題が出てきてるかもしれませんが、今のところ更新の予定はありません。
てか、ぶっちゃけ私のETS2の自作MODはもう古いんで、使わないほうが良いと思います(;^ω^) 私自身も車両系の自作MODは今はゲームから外してて使ってないです。ゲームプレイも全然してませんし…。

2016/07/03 追記
ATSでも同様のアップデートなりDLCなり出して欲しいと思います。バニラ車両や他MODとの互換性を考慮しないならいくらでもやり様はありますが、現状ではアクセサリーピンの数と位置が少なくてパーツMODが作りにくい。
 

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Author: pete379jp
18輪皮置き場の雑記ブログです。本サイトでは取り扱わない話題や補助的な話題・説明など。
尚、投稿は不定期です。

Purchase on Steam



最近の記事+コメント

最新トラックバック

ブログ内検索